2010年3月29日月曜日

DNSリバインディングによる無線LANパスフレーズの読み出しに成功

補足

この記事は旧徳丸浩の日記からの転載です。元URLアーカイブはてなブックマーク1はてなブックマーク2
備忘のため転載いたしますが、この記事は2010年03月29日に公開されたもので、当時の徳丸の考えを示すものを、基本的に内容を変更せずにそのまま転載するものです。
補足終わり

DNSリバインディング攻撃により、無線LANアクセスポイント(AP)に設定したWPAのパスフレーズ(PSK)を読み出す実験に成功したので報告する。

先のエントリではDNSリバインディング攻撃によるルータ設定変更の実験を報告したが、エントリでも触れたように設定変更についてはCSRF脆弱性を悪用することによっても可能だ*1。両手法の違いとして、CSRFは攻撃先の情報を読み出すことはできないのに対して、DNSリバインディングでは読み出しも可能だ。DNSリバインディングによるセッションCookieの読み出し例については、「ケータイtwitter(twtr.jp)においてDNS Rebinding攻撃に対する脆弱性を発見・通報し、即座に修正された」でも言及した。

無線LANアクセスポイントに対するDNSリバインディングのリスクを考える上で、もちろん設定変更もリスクではあるが、設定変更された場合、元々の所有者が無線LANにアクセスできなくなるなどの副作用が想定される。一方、パスフレーズの読み出しが行えれば、被害者のユーザに気づかれないままに攻撃される可能性が高く、それだけリスクも大きくなる。

また、Wi-Fiの普及に伴い、ゲーム機や携帯電話などでも広く無線LANが利用できるようになったことを受けて、無線LAN機器メーカー各社は無線LANの簡易設定方式を提唱・実現している。これはよいことだが、一方で、誰も無線LANの設定画面を見たこともなく、APの管理用パスワード(WEPやWPAのパスフレーズではない)がデフォルトのままになっているケースが大半であると予想される。これは危険な状態ではないか。

AOSSによる簡単設定

筆者が実験用に所有しているAPは、株式会社バッファローのWLA2-G54Cである。auの携帯電話biblioのWi-Fi機能を評価するために購入したものだ。バッファロー製APの特徴としてAOSSという簡単設定機能により、ボタン一つで無線LANの設定が可能である。その一端を以下に示そう。 APの設定でまず行うことは、APのIPアドレスの設定だ。ブラウザでもできなくはないが、APのユーティリティを使用すれば簡単だ。



上図でパスワードを入力する欄があるが、これは現在の管理パスワードを入力する欄でデフォルトは空である。ここで管理パスワードを設定できるわけではない。その後、バッファローの接続ユーティリティからAOSSによるプロファイルの追加を指定すると以下のような画面となる。



この状態でAPのAOSSボタンを長押しすると、APとクライアントのネゴシエーションが始まり、SSIDや暗号化の方法、パスフレーズなどが自動的に設定される。



安全な設定が簡単に行えるのだが、この手順に従うと、APの管理画面を一度も起動することなく、またAPの管理パスワードを設定する機会もないのだ。AOSSはPC以外に、ゲーム機(ニンテンドーDSなど)や携帯電話でも利用できるもので、おそらくバッファロー製無線LAN製品のユーザの大半が、管理パスワードを設定しないままに使用していると予想される。

APの管理画面からパスフレーズが見える

この状態で、APの管理画面をブラウザから表示させる。無線LANのメニューを表示すると以下のような画面だ。



これを見ていやな予感のしたあなたの勘は正しい。HTMLソースを表示させると以下のような部分がある(一部マスク表示にした)。
<input name="wl_wpa_psk" type="password" maxlength="64" size="56"
value="7c188cXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX67">
すなわち、管理画面が起動できれば、パスフレーズを見ることができるのだ。実は、これはこれで便利な面もあって、AOSSで設定したパスフレーズを確認することにより、AOSS対応でないクライアントを手動設定できるのだが、そういう利用方法を意図したものとも思えない。ともかく、ここまで紹介した内容から以下のことが分かる。
  • AOSSによる設定では管理画面を見る必要がない
  • 管理画面のデフォルトパスワードは空である
  • 管理画面にログインすると無線LAN暗号化のパスフレーズが参照できる
これらの事実から、バッファロー製AP WLA2-G54Cは、DNSリバインディング攻撃により無線LAN暗号化パスフレーズが読み出せると判断し、実験してみることにした。BCNの調査によると、バッファロー社は無線LAN分野の2009年のシェアが53.0%ということで、影響も大きいと思った。

侵入実験の実際

以下に、侵入実験に用いたスクリプトの一部を示す。ドメインは仮のものに置き換えた
// リクエスタのセット
var requester = new XMLHttpRequest();
requester.open('GET', 'http://root:@wlan.example.com/advance/ad-lan-wireless_sec_g.htm');
...
// パスフレーズの切り出し
var response = requester.responseText;
var regexp = /wl_wpa_psk.*value="([^"]+)"/m;
if (response.search(regexp) != -1) {
    pass = RegExp.$1;
}
このスクリプトはインターネット上のワナサイトに置かれる。このコンテンツが読み出された直後に上記FQDNに対するIPアドレスをAPのプライベートアドレスに書き換える。コンテンツ読み出しから4分後に上記リクエストが送出されるようにスクリプトを作成した。実行例を以下に示す。



図示したように、パスフレーズが読み出されていることが分かる。この後、ワナサイトにこの値をPOSTして、攻撃は完成である。

対策

バッファロー製AP WLA2-G54Cをマニュアルの指示通りに設定した状態において、DNSリバインディングにより暗号化パスフレーズ(PSK)を読み出すことに成功した。ユーザ側の対策としては、以下に尽きるだろう。
  • 管理パスワードを適切に設定する
しかし、コンシューマ向け製品ということを考慮すると、現在の製品仕様のままでは全てのユーザに管理パスワードを徹底させることも難しいだろう。したがって、製品提供者側の対策が今後は重要となる。以下のような対策案が考えられる。
  • APの管理パスワードの初期値を機器毎に違うものにする(根本的対策)
  • 製品設定の流れの中で管理パスワードの変更を強制する(根本的対策)
  • 管理画面URLのホスト部は数値IPアドレスのみを許容する(保険的対策)

まとめ

バッファロー製AP WLA2-G54Cを対象として、DNSリバインディング攻撃により暗号化パスフレーズ(PSK)を外部から読み出せることを確認した。他社製品の場合は、パスフレーズが読み出せるかどうかは不明であるが、マニュアルを読む限りは管理パスワードの初期値が空で、変更も要求されないものが多いよう*2なので、仮に暗号化パスフレーズが読み出せないとしても、設定変更は可能である可能性が高い。この場合、APの設定を「暗号化なし」に設定変更することにより、内部ネットワークへの侵入や盗聴などが行える。

無線LANの簡単設定機能は、AOSS以外にも「らくらく無線スタート」やWPSなどがある。これらは、安全な無線LAN設定を簡略化するという意味で社会的な意義のあるものだと思うが、基本的な想定として、「管理画面にはインターネットからアクセスできないので管理パスワードは設定しなくても大丈夫」と考えられているように見受ける。しかし、DNSリバインディングやクロスサイト・リクエスト・フォージェリ(CSRF)などの受動的攻撃により、インターネット越しに管理画面にアクセスすることは可能だ。ルータにCSRF脆弱性が多数指摘されてきた歴史は、「site:jvn.jp クロスサイト・リクエスト・フォージェリ ルータ」でGoogle検索してみると直ぐ分かる。DNSリバインディングについては、パスワードの設定さえすれば対策できるため、製品の脆弱性としては指摘しにくいが、今後十分発生し得る脅威として、メーカー側には対策を要望する。

*1 ルータにCSRF脆弱性があればという前提だが
*2 NECアクセステクニカ株式会社製のAtermシリーズは例外的にパスワードの変更が設定手順上で要求される

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォロワー